広告写真撮影の現場をご紹介!撮影スタッフとその役割


広告写真撮影の現場では、どのようなスタッフが関わっているのでしょうか?

また、どのような役割で撮影を進めていくのでしょうか?


本記事では広告写真撮影の現場にはどのようなスタッフがいるのか、またそのスタッフにはどういった役割があるのかということを解説していきます。


「広告写真の撮影に携わる仕事をしたい」と考えてる方や撮影業界に関する知識をつけたい方向けに書いておりますが、それだけでなく、広告写真に興味がある方全般に見て頂けますと幸いです。




広告写真の撮影現場には以下のようなスタッフが関わっています。


  • カメラマン

  • アシスタント

  • ディレクター

  • スタイリスト

  • レタッチャー

  • ヘアメイク

  • フードコーディネーター

  • ロケコーディネーター

  • 商品管理スタッフ


それぞれのスタッフの役割について、詳しく見ていきましょう。



カメラマンは撮影における主役的存在です。


専門分野は様々で、モデルの表情を引き出すのが得意なカメラマン、黙々と商品を撮影することを好むカメラマン、取材写真の切り取り方が上手いカメラマンなど多岐に渡ります。


そのため広告写真を専門とする写真スタジオには様々な得意分野を持ったカメラマンが所属していることが多く、撮影ごとに適宜キャスティングします。


どのような角度から撮ると良いか、どういった構図が適しているか、またライティングや背景作りなど魅せ方のプロフェッショナルでもあります。



アシスタントはカメラマンの補佐役として動きます。


仕事内容としては以下のようなものがあげられます。


  • 三脚やカメラなど撮影に必要な機材の運搬

  • 照明や機材のセッティング補助

  • カメラマンが行き届かない部分のフォロー


将来プロのカメラマンを目指し、アシスタントとして従事している人が多く、さらにカメラマンとアシスタントを兼務している人も少なくありません。


重いものを運搬しても大丈夫な体力であったり、スピーディな撮影を行うための臨機応変な対応力が求められます。



ディレクターは主に撮影の進行管理や予算管理を行ったり、クライアントとコミュニケーションを取る窓口としての機能を果たします。


本記事で紹介しているように、広告写真の撮影には様々なスタッフが携わっており、また各役職に複数のスタッフがいるところも多くあります。


ディレクターはクライアントからのニーズに答えられる撮影チームを手配して、よりよい広告写真を撮れるように努めます。


また広告写真の撮影では、複数のクライアントと並行してやり取りをすることも多く、ディレクターはそれぞれの仕事の進行管理・窓口を担うのです。



スタイリストはファッションや空間作りに伴うスタイリングを業務とします。

その時々で求められるスタイリングが変わる為、トレンドや流行をキャッチする力が求められるでしょう。


広告写真の場合、プロモーションを行う商品のイメージに合うような服装を選んだり、商品が映えるような家具やインテリアを手配します。

その前後の作業として、服・雑貨などのプレス作業や整形用にアンコを詰める作業、家具・インテリアの搬入搬出手配まで手がけます。


また撮影当日は、モデルが着ている服装の形修正やシワを伸ばすために各所を詰めたり、空間内に家具・インテリア雑貨などを配置していく作業を行います。


モデル撮影やイメージ撮影には欠かせない存在と言えるでしょう。



レタッチャーは撮影した写真をレタッチして、クオリティを高める役割を持っています。

レタッチ作業には下記の様な作業が該当します。


  • 色の明度や彩度の調整、色変換

  • 背景の合成、部分合成

  • 不要箇所の除去、修正

  • 商品の整形、パース補正

  • 人物の肌補正


内容によってはカメラマンが自らレタッチを行う場合もあります。


広告写真は撮って終わりというわけではなく、さらにレタッチを加え、写真を見た消費者の購買意欲を高めることがとても重要です。


そして写真の印象を良くするためには、レタッチによって細かい部分の修正であったり、モデル撮影であれば肌をよりキレイに見せたりということが求められてきます。



ヘアメイクはその名の通り、モデル撮影の際に髪型を整えたり、メイクを施したりします。

スタイリスト同様、ヘアーやメイクもトレンドや流行が変わりやすいジャンルの為、その流れを掴めることが求められるでしょう。


モデル撮影となる場合、商品のイメージに合わせてメイクを行ったり、髪型をセットしたりする必要があるためメイクや髪型に関する様々な知識が必要です。


また、モデルと距離の近い存在であることから、ヘアーメイクを生業としている人はコミュニケーションスキルが高い人が多いと感じます。

名のあるモデルの方だと専属のヘアーメイクがついたりしますが、そのような面から選ばれいるかもしれませんね。



フード撮影の際、活躍するのがフードコーディネーターです。

フードスタイリストと呼ばれることもあります。


調理・盛り付け・スタイリングという形で撮影に携わるだけでなく、料理番組への出演やレシピ作成、料理教室の主催や飲食店を営んでいる方もおられます。


また、通常のスタイリングとはまた異なる専門的なテクニックを要する為、スクールなどを経て活躍されている人が多い様です。


スタイリストの中にはフードスタイリングまで担う方もいますが、より特化し、かつ専門知識も持ち合わせているのがフードコーディネーターだと言えるでしょう。



ロケコーディネーターは、ロケ撮影の際に重要な役割を担う仕事です。

広告写真の撮影はスタジオで撮影するケースだけでなく、ロケで撮影するケースもあります。


ロケコーディネーターは以下のような業務を行います。


  • 屋外撮影を行う候補地の提案

  • 撮影許可の申請・交渉

  • ロケ地へのスタッフの手配

  • スケジュール管理


また撮影内容によっては海外ロケを求められることもあり、その場合は現地とのコネクションやコミュニケーションスキルを必要とします。


ロケコーディネーターは屋外撮影の多い広告写真撮影において重要な役割となっています。



撮影点数や規模が膨大になりますと、撮影に付随して「商品管理」が発生します。

その業務を担うのが商品管理スタッフです。


撮影用に預かった商品は一時的な出し入れや先に一部の商品のみ返却するなど、このような作業が発生することがあります。

そこで管轄する者がいないと、紛失等のトラブルに発展しかねないのです。


そういった過程でのトラブルを未然に防ぐ為、商品管理のスタッフを手配します。(実は、撮影において最も多いトラブルは商品関連なのです)






以上、広告写真撮影の現場スタッフについて紹介してきました。

いかがだったでしょうか?


表にはあまり出ないスタッフも紹介した為、意外と多くの撮影スタッフが関わっているのだと知って頂けたかと思います。


では、改めて整理すると、広告写真の撮影現場には以下のスタッフが携わっております。


  • カメラマン

  • アシスタント

  • ディレクター

  • スタイリスト

  • レタッチャー

  • ヘアメイク

  • フードコーディネーター

  • ロケコーディネーター

  • 商品管理スタッフ


広告写真撮影の現場では、ハイクオリティな広告写真をお届けするために、多くのスタッフが連携して撮影の打ち合わせから撮影、編集、納品までを行っています。


広告写真撮影スタジオの七彩工房では、50人のスタッフが在籍しており、商品、モデル、ロケーション、動画撮影などカメラマンの得意分野を活かしながら高品質な撮影をご提供します。


また、700坪の撮影スタジオでは、撮影点数の多い案件や大型セットの撮影にも対応が可能です。


広告写真の撮影を検討されている方、広告写真撮影について詳細を知りたい方はぜひお問い合わせください。


広告写真撮影のお問い合わせはこちら


​著者情報

七彩青黄ロゴ前株.png

株式会社 七彩工房 

七彩工房は、広告写真撮影のプロダクション兼スタジオです。東京・大阪を拠点とし、50人の撮影スタッフ・60年のスタジオ歴・700坪の自社スタジオを保有しております。商品撮影・モデル撮影・ロケ撮影を始めとした様々な撮影に対応できる組織力と、安くできる能力が強みです。